concept_02

Concept - ご挨拶

東京 浅草から発信する国産そば粉のガレットと国産クラフトシードル

なぜガレットとシードルの専門店を浅草で?

まず当店のメイン料理そば粉のガレットはフランス ブルターニュ地方の郷土料理でそれに合わせるお酒はというと、決まってりんごの発泡酒のシードルなんです。


昔からフランスでも穀物の蕎麦を栽培していて麺の蕎麦としてではなくガレットを蕎麦料理として食べられています。特にブルターニュ地方は痩せた土地であったため小麦が育ちにくくガレットを主食として食べられていました。またワイン大国フランスでありながらブルターニュ地方はぶどう栽培に向いておらず、りんご栽培に適した土地でした。昔は水が衛生的に綺麗ではなかった為にシードルを水代わりに飲まれていたということからおのずとシードルとガレットが組み合わされていきました。


ブルターニュ地方には本当に沢山のガレット専門店があり、そこでは必ずシードルと一緒に楽しまれています。そして今でも週に一度は家族みんなが揃ってガレットを食べる習慣が残っています。
(ちなみにブルターニュ地方のガレット店の数は長野県にあるお蕎麦屋さんの数より多いです。)

私達はフランスで5年間、ブルターニュ地方の食文化であるガレットとシードルを勉強してきました。学んでいく中でフランス人の自国への愛国心や地元の特産品、食文化を大切にする気持ち、食糧自給率の高さに触れた事により私達自身も日本人として自分の国の事をもっと知りたいと思うようになりました。


日本にも昔から蕎麦とりんごの食文化があります。


全国の蕎麦農家さん、りんご農家さんを巡り、お話しをしていく中で国産の蕎麦とりんごの品質が世界トップクラスだと気付きました。次第に生産者さんの情熱や想いの詰まった蕎麦やりんごから作る【日本のガレット】と【国産クラフトシードル】を『国内外の人が多く集まる東京 浅草から発信したい』というコンセプトが生まれました。

日本とフランス両国の先人達が築いた蕎麦とりんごの食文化にリスペクトの気持ちを持ちつつ新たなガレットやシードルの楽しみ方をお伝えし、沢山のお客様に知って楽しんで頂きたい、国産食材の消費を増やす活動をし農家さん、生産者さんにも喜んで頂きたい。自分達が学んできた事を生かし、人と人とを結び付け沢山の人を幸せに出来る様な店でありたいと考え、浅草にお店を構える決意をしました。

純白な蕎麦の花(フルール ド サラザン)が辺り一面に広がってる光景のように...

経  歴

ガレット職人 玉越 幸雄 ( Yukio Tamakoshi )
静岡県 磐田市出身
日本で初めてフランス ブルターニュ地方の郷土料理ガレットを広めた株式会社 ル ブルターニュに10年間勤務 内5年間をフランス店にて勤務。 現地の蕎麦文化を学ぶ。

東京神楽坂本店・パリ マレ店 (Breizh Café)にてキッチン責任者を経験。

シェフとして勤めていたブルターニュ地方 サンマロ店(le Comptoir Breizh Café)ではフランスミシュランガイド ビブグルマンを獲得

東京神田 眠庵(ねむりあん)で1年間研修、日本蕎麦を学ぶ。




シードル担当 玉越 友香 ( Yuka Tamakoshi )
静岡県 浜松市出身
フランス パリのレストランでサーヴィス業をスタート
東京都内のレストランにて、レセプション、接客業に従事。
フランス ブルターニュ地方のシードル醸造所Domaine Johanna Cecillon(ドメーヌ・ジョアナ・セシオン)にて 2年間勤務、りんごの収穫から瓶詰めまで現地のシードル文化を学ぶ。
国産クラフトシードルを発信する為、日本各地の生産者さんを訪れる。

concept_02

沿  革

2019年4月 東京浅草に国産蕎麦粉のガレットと国産クラフトシードル専門店
【 Fleur de Sarrasin フルール ド サラザン 】をオープン。
ぴあ 東京最高のレストラン 2020 , 2021 , 2022に掲載
オレンジページ主宰 キッチンスタジオ『コトラボ』にて講師として登壇
2022年 蕎麦の花プロジェクトを始動
蕎麦粉を使ったご家庭での自炊を増やし蕎麦の自給率を上げ遊休農地に沢山の蕎麦の花を咲かせたいという想いから生産者さんと一緒にガレット料理教室の開催やイベントに出店して、国産蕎麦粉の活用法や楽しみ方を発信し活動を全国へ広げています。
2023年 ガレット監修業を始める
個人店のカフェから企業向けなど国産蕎麦粉を使ったガレット専門店開業やメニューにガレット導入したいというご要望が増え、お手伝いをさせて頂いております。
2024年 商品開発事業
蕎麦粉の生地を楽しむガレット粉の監修と販売をスタート
お家で簡単に美味しくお召し上がりいただけるガレット粉を提案させていただいております。